私たちの4年間

【体験談】遠距離恋愛が決まった瞬間から温度差はあった

付き合い始めてたったの2ヶ月、
当時高校3年生の彼氏(しの)から衝撃の告白が。。。

しの(高3)
しの(高3)
おれ、アメリカの大学に行く。
りんご
りんご
え、、、

本当に↑こんな感じ。突然の告白。
これが私たちの遠距離恋愛が決まった瞬間でした。

彼女(りんご)には全く相談せずに勝手にアメリカ留学を決めたしの。

しの本人は自分が決めた新しい人生にワクワクしていましたが、
りんごは急で勝手なしのの決断に呆れていました。

遠距離恋愛が決まったその瞬間から2人の想いには温度差が…

遠距離恋愛決定までのあらすじ

受験生の2人は付き合い始めて進路に悩む

高校2年の春休みに出会い、
その後すぐ、高校3年生の4月から付き合い始めたしのとりんご。

お互いに受験生ながら
休日は合格祈願に行ったり、映画に行ったり、と仲良く過ごしていました。

しかし6月に入り、しのは進路に悩み始めます。

それまでは当たり前のように日本の大学に行くつもりでいたのに、
学びたいことが変わったことで『アメリカの大学』が進路の選択肢に加わりました。

しのは悩み、勝手に話を進める

しのは一切、りんごに悩みを打ち明けませんでした。

一人で悩み、調べていくうちに
「アメリカの大学に進学する」という目標ができあがっており、

りんごに進路の話を打ち明けるときには
もうすでにしのの中で固い決意ができていました。

しの
しの
お互い受験生だから一方的に相談するのは迷惑かと思ってました。

アメリカの大学に行くことを打ち明ける(遠距離決定)

高校3年生の6月(付き合って2ヶ月)、
ついにしのが「アメリカの大学に進学すること」をりんごに打ち明けます。

普段ほとんどしない電話、
話す前から2人の声色には緊張が混じっていました。

そして、しのは唐突に…

しの
しの
おれ、アメリカの大学に行く。
りんご
りんご
え、、、

りんごが言葉を失っている間に、
しのは自分の想いを全て打ち明けます。

りんご
りんご

泣くりんご。
 

まだ付き合って2ヶ月しか経っていない高校生カップルには重すぎる話でした。

お互いまだ想像することができなかったせいか、
この電話では遠距離恋愛の話にはならず

しのは「頑張る」
りんごは「応援する」
ということで終わりました。

しかしこの時点ですでにお互いの想いには大きな温度差があったんです…

彼氏(しの)の遠距離恋愛決定時の感情

しの
しの
よっしゃ!アメリカの大学目指してがんばるぞ!!

しのは盲目でした

アメリカの大学に進学するのが楽しみすぎて、
「遠距離恋愛」は二の次、それどころか「遠距離恋愛」なんて考えてすらいませんでした

彼女(りんご)の遠距離恋愛決定時の感情

りんご
りんご
あ、終わった…

しのが遠距離恋愛に関して何も感じていなかった一方で、
りんごはしのとの恋愛の終わりを感じていました

遠距離恋愛なんてありえない。

でも自分から別れを切り出す気にもなれない。

別に嫌いにはなってないし、別れる必要もない。

自然消滅するんだろうなあ。

てか、アメリカの大学いいなあ。羨ましい。

しの
しの
達観してる…

遠距離恋愛が決まる時期にこうしておけばよかった(後悔)

しのは、「アメリカの大学に行くこと」が楽しみすぎて遠距離恋愛には無関心。
りんごは、遠距離恋愛を悟って自然消滅を想定。

遠距離恋愛決定の瞬間からこんなにも温度差がありました。
 

今思えばひどいものです。

特にしのはひどい。
勝手に悩んで、勝手に決めて、
相手との関係性については無関心。

自分勝手にもほどがありますね。

しの
しの
もっとちゃんと一緒に悩んで、一緒に決めて、りんごとの関係を考えるべきでした…

しのが早い段階で悩みを打ち明けて本気で相談していれば、
こんなにもりんごの気持ちを冷めさせることもなかったはずです。

いくら高校生とはいえ「彼氏がアメリカに行く」というのは彼女の人生を大きく変えかねません

そんな重要な決断を一人でして、
彼女の気持ちを一切考えていなかった彼氏、しのは本当に考えが甘かった。

この遠距離恋愛が決まった瞬間から1年後、
しのとりんごは遠距離恋愛をすることになります。

大きく開いた温度差。

こんな状況でこの2人はどのように1年を過ごしたのでしょうか…

続きはこちら↓

【体験談】遠距離恋愛から逃げて過ごした1年間(〜遠距離恋愛開始前)前回↓ https://xn--y8je7ce5033c7vght0a.com/beforeenren1/ しのがアメリカの...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です